• お電話でのお問い合わせ

Pickup solution水処理概念を変えた散気管 アイエンス アクアブラスター

アクアブラスターの原理

溶存酸素濃度を高くし微生物を活性化
さらにスラッジの微粉砕により分解を促進

微細気泡で槽内を高酸素に

  • ブロワから送られてきた空気をノズルから噴射します。
  • 散気管 アクアブラスター内のブラスターウイングに空気がぶつかり、微細気泡と旋回流が発生します。
  • 槽内に酸素を行き渡らせることで微生物を活性化。分解力を最大限に高めます。
  • 下降流が発生し、槽の隅や底部にまで微細気泡が行き渡ります。

油滴やスラッジを細かく粉砕

  • 空気が噴射されるとエアリフト効果が発生。底の水と汚泥を巻き上げます。※他社比2.2~3.7倍
  • 散気管 アクアブラスター内のブラスターウイングによってスラッジが細かく粉砕されます。

散気管の中心に、突起があるという新システム

これまでの散気管は、外側の流れの遅い場所に突起がありました。 しかし本来液体は中心ほど速度が速くなります。 その原則を元に中心に突起を設け、強い力で微細気泡を発生させるようにしたのが、散気管 アクアブラスターの特許技術です。

アクアブラスターは微生物の代謝を活性化
汚泥、悪臭を防ぎます

いくら性能の高い微生物を投入しても、分解に使用する酸素が不足していれば、効果はまったく得られません。
微生物にいかに「完全好気呼吸の代謝」を行わせるかが非常に重要な要素となります。

  • 微生物の顕微鏡写真

  • 処理前と処理後では、微生物の種類や数がこれだけ異なります

シンプルな設計の為、管理も簡単

  • 基本フロー図/下水放流式

  • 基本フロー図/河川放流式

規格表

品名 品番 適応風量 サイズ 接続部
アクアブラスター AS-250 175~275L/min W110×H215 5K-10Aフランジ
AL-750 600~900L/min W240×H465 10K-25Aフランジ
AL-1100 900~1300L/min W240×H465 10K-25Aフランジ
AL-1500 1300~1700L/min W240×H465 10K-32Aフランジ